「あいつ!」

「あいつ!」

水色の髪をした女は叫んだ。
驚いて、仲間が女の肩を掴む。

「おい、大声出すんやない」
「あいつだ!あいつにやられたんだ」

ギリギリと歯ぎしりする水色の髪の女。ボーイッシュなショートカットで、瞼やら唇やらにピアスがいつくも並んでいる。全部合わせたら20個以上はあるんじゃないだろうか。

「なんや、どいつがどないやって?」

ヒゲダルマの男は訝しげに水色の髪の女が指差す方向を見る。
ジュノーTV本社ビル上層階から見下ろすと、物々しい警備団に囲まれて、噂の早瀬大佐が黒塗りの高級車を降りて来る所だった。通常の女性士官用の軍服ではなく、ゆったりとしたワンピース型のものをまとっている。

「ハヤセを襲った時に、邪魔した奴だ!」

興奮しながら水色の髪の女は左肩を手で押さえた。その下には、過日銃弾を撃ち込まれた銃創が残っている。

「例の、助手席に居た奴かいな」
「そう!あたしが手榴弾を放ったら撃ち返して来た奴だ!あたしは肩を撃たれてトンズラさ」
「結果的に早瀬大佐を殺さなくて良かったやないか。お前さんが勝手な事したから今まであの坊やに干されてたんやで?」
「生っ白い事を言ってるからさ!あんな女、さっさと殺しちまえばいいのに」

水色の髪の女は鼻息荒く言い放つ。ヒゲダルマ男は肩を竦めた。

「やるのは自由やけど、儂を巻き込むんやないで。車椅子の坊やはあの早瀬大佐を大層お気に入りなんや。下手に殺してもうて坊やを怒らせてしもたら命の保証なんかないで」

チッと舌打ちする水色の髪の女。手にしていたバタフライナイフをチャキチャキと鳴らして遊んでいる。

「あいつはあたしがやる。絶対だ」
「それは止めへんけどな。早瀬大佐はやめとけ」

聞いているのかどうか、水色の髪の女は凄まじい表情で早瀬大佐とその周りを取り囲む人垣を見ている。
その中の1人に、女は落とし前を付けなくてはならなかった。この肩の傷跡の借りを返さねば。

「待ってろよ、必ずその喉切り裂いてやる」

ため息をつくヒゲダルマの前で、水色の髪の女はピアスだらけの下唇を舌舐めずりした。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

後編始まりましたね

今からわくわくドキドキしています。

チェン君、何かありそうだとは思っていたけど、やっぱりありそうですね。
これからの展開が、楽しみです。

チェン君は、未沙さんを守ってくれています。物静かで、腕も立つ‼︎紅茶も得意!私もそんな部下が欲しい…。(⌒-⌒; )

Re: 後編始まりましたね

チェンは実は…

拳法の達人、ジャッキー・チェンだったのです!
ババーン!

…え?古い?
サーセン…( ̄∀ ̄;)


> 今からわくわくドキドキしています。
>
> チェン君、何かありそうだとは思っていたけど、やっぱりありそうですね。
> これからの展開が、楽しみです。

Re: タイトルなし

エニグマさんにはびえりがいるじゃありませんか!

顎で使ってやってください!
あんま役に立たないけど( ̄▽ ̄)


> チェン君は、未沙さんを守ってくれています。物静かで、腕も立つ‼︎紅茶も得意!私もそんな部下が欲しい…。(⌒-⌒; )

拍手コメントありがとうございます!

あ、大丈夫(?)ですよ〜。

ピアス女の狙いはチーではないのです…ちょっと似てるけれどw
詳しくはお時間のある時「悪魔の船 希望の星」をご覧ください(^-^)/

びえりさんを使うだなんて…。私には…出来そう。きゃー(≧∇≦)
スミマセン。冗談です。引き続き崇めさせて下さい。(^∇^)

Re: タイトルなし

足蹴にしてこき使ってください〜
ハァハァ


> びえりさんを使うだなんて…。私には…出来そう。きゃー(≧∇≦)
> スミマセン。冗談です。引き続き崇めさせて下さい。(^∇^)
カテゴリ
プロフィール

びえり 

Author:びえり 
iPhoneで書いているので「輝」と打てません

FC2の機能がよく分からないので、何か変だったら教えてください(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
くせっ毛の飛行機乗り
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR