未沙の妊娠が発覚したのは、

未沙の妊娠が発覚したのは、輝に別れの手紙を書いてからほとんどすぐの事だった。

激務の続く艦長という立場では今までも生理不順はあったし、月という環境の変化による体調不良もあるだろうと誤魔化し誤魔化ししていたが、妊娠検査薬にくっきりと出た太い線を見て、未沙はまず何よりも途方にくれた。
思い当たる日は山ほどある。ほとんど毎日のように体を重ねていた2人だ。元々、いつそうなってもおかしくはなかった。


愛する輝と別れる決心をし、彼と繋がりのある人々には予め手回しをして彼が復縁を望んでも手助けしないで欲しいとお願いをした。
そうでもしないと、きっとまた弱い自分の心は彼を求めて泣きついてしまうだろう。

顔では笑いながら、しかし心では毎日泣きながら仕事に打ち込んだ。だんだんと自分の精神が壊れていくのを未沙は感じて、底知れぬ恐怖と共に自分がどれだけ彼を愛していたのか、彼の存在に心理的な依存をしていたのかを思い知らされていた。
そこへ妊娠の事実である。

とてつもなくショックだった。
正直、彼とやり直そうかと思った。
きっと彼も喜んで自分を迎え入れてくれるだろう。クローディアからは「凄い勢いで何度も土下座されたけど断ったわ。本当にそれでいいの?」と幾度か聞かれた。まだ彼は私を諦めていない。それなら…そう思った。でもダメだった。


彼の後ろで、あの子が微笑んでいる。
幸せそうな、恋する少女の笑顔。
それを思うと、もう未沙は全身の力が抜けてしまって一言も発せなくなってしまう。


弱いのは彼じゃない、自分の方だ。


そう思うと、未沙はもう一度輝の顔を見る勇気が持てなかった。


…でも。
このお腹の中にいる子は。
新しく授かった命の灯火は、決して消させはしない。
ふつふつと湧き上がる、今までの自分には無かった種類の愛情と勇気が、未沙の全身を満たしていった。

丸3日考え抜き、結論を出して未沙はグローバル総司令に連絡を取った。連絡を受けた総司令は言葉を失い、横からグローバルを押しのけて画面に現れたクローディアは猛反対をする。

「今すぐ一条君に電話して、やり直しなさい!」

「いいえ、それは出来ないわ。ちゃんと考えて結論を出したの」

「あなたやあのバカ坊やの事より、生まれてくる子供の未来の為よ!何がなんでも結婚しなさい!」

未沙は黙って首を振る。
その後一時間に渡って貴重な月と地球のホットラインを占領してやり合ったが、なかなかクローディアは折れなかった。最後にグローバルが「もう一度よく考えてくれ」とだけ告げて通信を終える。

未沙は、2人に話した事で決意が固まっていた。そうだ、これから私はこの子と共に生きていく。大宇宙の探索の旅へ、自分と、生まれてくるこの子と一緒に旅立つのだ。

彼が私の妊娠を知ったら、喜んでくれるだろうか…

一瞬、そんな考えが浮かんで来た。しかしすぐにそれを振り払う。もう一つの妄想が恐ろしかったから。

彼が、私の妊娠を知って…
それを拒否したら…

未沙は二度と輝に連絡をしなかった。
あらゆるルートで、彼が月にアプローチする術を封じた。本気になれば未沙の立場なら簡単な事だ。

自分自身は、スケジュールを変更して月に残り続けた。輝の居る地球に戻りたく無かったのと、安定期を迎えるまではシャトルでの地球突入を控える為だ。
こうして、月面アポロ基地で4ヶ月を未沙は過ごした。
妊娠の事実は一部の者にだけは告げていた。皆、一様に驚いたものの祝福の言葉をくれた。しかし、その表情は複雑だった。
それはそうだろう、皆こう思っている。

「メガロードはどうするの?」

身重の身体で激務の艦長が務まるのか。
未沙にとって、未知のことばかりだった移民が、また一つ新しい困難に直面する事となった。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

未沙さんなら大丈夫ですよ。輝君がいなくても十分やっていけます。子供って凄いエネルギーを与えてくれるんです。どんな困難も乗り越えられるんですよ。輝君も子供が出来たからといってミンメイやその他の女性を捨てるような薄情な男性ではないと思いますし。輝君がこのまま子供の事を知ることなく、生きていって欲しいです。(^∇^)

逃避

うーん、結局、現実から逃げてるって感じがしますね。輝の反応が怖いってことか、、、

逃げると、最初は楽だけど、後々、常に逃げなくちゃいけなくなるから、結果的に辛いんだよねぇ。

今後、二度と、輝とミンメイと顔を合わせない状況を作れるならまだいいのだけれど、そうもいかないとすると、結果的には、いばらの道ですな。
グローバルや、クローディアはそれに気づいてるから、説得したのだと思いますが、、、

???ん、アレ???

あれれ、ちょっと待ってください。

未沙さんは一条先輩が避妊しないを分かっているのに、自分では避妊をしなかったんですか?!

彼は例えば、宗教的な理由で結婚後でないと性行為を行わないとかじゃなくて、個人的な嗜好の為にというなんとも無責任な理由で避妊しないじゃないですか。
それを分かっているのに未沙さんは対処してなかったってことですよね?

あ、この場合の避妊はピルだったり、IUDとか、男性側には何も準備が要らないものですよ。

新艦長という立場になる以前も重要なポジションに居たんですから、彼女自身で身を守る必要があったんじゃないですかね?

それとも、初めから妊娠してもいいと考えていたのでしょうか?もしくは妊娠しにくい体質(ホルモン的にとか)だったのでしょうか?

なんとも未沙さんにしては、オイオイ、自分の体大事にしようぜ(・_・;)と言いたくなります。
妊娠・出産で死ぬ人もいるんだよ(`;ω;´)

単純に自分は妊娠しないだろうという甘い見通しだったのでしょうか?
それとも、妊娠しても一条先輩なら大事にしてくれると思ったのでしょうか?

未沙さん自身の責任もあるよなあ………

Re: タイトルなし

まぁ未沙さんの場合、社会的立場があるのでどうしても妊娠出産はニュースになると思うんですよね…

それを踏まえて輝ちゃんと未沙さんがどう動くものか。

生まれてきた子が酷い癖っ毛だったら、もう言い訳きかないですねwww


> 未沙さんなら大丈夫ですよ。輝君がいなくても十分やっていけます。子供って凄いエネルギーを与えてくれるんです。どんな困難も乗り越えられるんですよ。輝君も子供が出来たからといってミンメイやその他の女性を捨てるような薄情な男性ではないと思いますし。輝君がこのまま子供の事を知ることなく、生きていって欲しいです。(^∇^)

Re: 逃避

解決出来る問題ならすぐに目を向けられるんですけどね〜。
先が見えないとなんか視線をそらしちゃいますよね。
やっぱり未沙さんも人の子ですから。


> うーん、結局、現実から逃げてるって感じがしますね。輝の反応が怖いってことか、、、
>
> 逃げると、最初は楽だけど、後々、常に逃げなくちゃいけなくなるから、結果的に辛いんだよねぇ。
>
> 今後、二度と、輝とミンメイと顔を合わせない状況を作れるならまだいいのだけれど、そうもいかないとすると、結果的には、いばらの道ですな。
> グローバルや、クローディアはそれに気づいてるから、説得したのだと思いますが、、、

Re: ???ん、アレ???

実は…

未沙さんは…

モルダー教に入っていたのです!ガーン!

というのは嘘でして、リズム式を実施してたそうなんですが、輝ちゃんがアレじゃあねぇ…そら失敗するわな…


> あれれ、ちょっと待ってください。
>
> 未沙さんは一条先輩が避妊しないを分かっているのに、自分では避妊をしなかったんですか?!
>
> 彼は例えば、宗教的な理由で結婚後でないと性行為を行わないとかじゃなくて、個人的な嗜好の為にというなんとも無責任な理由で避妊しないじゃないですか。
> それを分かっているのに未沙さんは対処してなかったってことですよね?
>
> あ、この場合の避妊はピルだったり、IUDとか、男性側には何も準備が要らないものですよ。
>
> 新艦長という立場になる以前も重要なポジションに居たんですから、彼女自身で身を守る必要があったんじゃないですかね?
>
> それとも、初めから妊娠してもいいと考えていたのでしょうか?もしくは妊娠しにくい体質(ホルモン的にとか)だったのでしょうか?
>
> なんとも未沙さんにしては、オイオイ、自分の体大事にしようぜ(・_・;)と言いたくなります。
> 妊娠・出産で死ぬ人もいるんだよ(`;ω;´)
>
> 単純に自分は妊娠しないだろうという甘い見通しだったのでしょうか?
> それとも、妊娠しても一条先輩なら大事にしてくれると思ったのでしょうか?
>
> 未沙さん自身の責任もあるよなあ………

拍手コメントありがとうございます!

おお、OPの替え歌になるとはw

母はやっぱり偉大ですね。未沙には素敵なお母様になって欲しいです。


チェン推しとは意外なところから来ましたねw
まぁ美味しい紅茶には一生困らないかも知れませんがw

拍手コメントありがとうございます!

私も、いつストックが更新に追いつかれるかハラハラしながら書いていますw

絆って大事ですよね〜。
今後どんな絆が見れるのか、見れないのか…
カテゴリ
プロフィール

びえり 

Author:びえり 
iPhoneで書いているので「輝」と打てません

FC2の機能がよく分からないので、何か変だったら教えてください(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
くせっ毛の飛行機乗り
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR