GCCの新たなる若き代表リン・カイフンは

GCCの新たなる若き代表リン・カイフンは、音も無く席から立ち上がった。
ゆっくりと首を回し、スタジオの中を見渡す。

人々は息を飲んだ。それはさながら、古代の預言者が迷える民衆の前に忽然と現れたかの様だった。

「私はこの1年間、世界中を旅して来ました。そして多くの人々の苦しみ、悲しみ、生と死、愛と別れを見てきた。
もちろん、戦前戦後に関わらず世界のどこかでは必ず似たような事が起こっている。その事は、通信メディアの発達した20世紀後半から既に大勢の人の口から語られて来た事だ。それはみんなが分かっている」

カイフンはゆっくりと歩き出した。
主に、スタジオ内の聴衆に向けて語りかけている様だった。
100人を越える観客達、関係者席のマスコミ達は、長髪のアジア人の一挙手一投足に視線が釘付けになる。

「とある内地の村での出来事だ。水門で事故があって、大きな河の中州に3人の男性が取り残された。1人は大柄な太った男性、2人は痩せた男性だ。太った男は金持ちで、残りの痩せた2人は金を持っていなかった」

カイフンはゆっくりと聴衆の前を歩いていく。顔を高く上げ、胸を張り、両脚をしっかりと踏みしめて人々の前を緩やかに移動した。

「彼らを助ける為に船が出された。しかし船は小さくあと2人しか乗れなかった。しかも、太った男性が乗ると痩せた2人はもう乗れない。
痩せた2人は『あなた1人が犠牲になれば我々2人は助かる』と言う。太った1人は『私は財産もあり才能もある、役に立たない君らが犠牲になれ』と言う」

カイフンは聴衆の顔一つ一つを見渡す。どれも少し緊張した面持ちだった。

「ここで問題だ。いまこの話を聞いているあなたは、誰を助けるのか?痩せた2人を助けて太った1人を見捨てるか、その逆か。もしくは救いに行った船頭役のあなたが船を飛び降りて彼らを救うか」

カイフンはそこで円卓を振り返る。真っ直ぐ、ブエノ報道官を見つめた。

「ミスターブエノ、あなたならどうしますか。言っておくが、これは実際にあった出来事だ」

ブエノは肩を竦めた。頬杖をついて何気なさそうに答える。

「迷っていても仕方ない。太った男性1人に残ってもらい、犠牲を最小限にとどめるとしましょう」

カイフンは特に感慨を受けた様子もなく、聴衆の方に視線を戻した。

「なるほど。確かに、そう答える人が多いのは私にも分かる。ここに居るあなた方も大方は似た様な事を考えておられた事だろう」

カイフンは聴衆の列の端っこまでたどり着いた。身軽にターンし、今度は反対側に向けて歩を踏み出す。

「しかしあなた方はとても大切な事を見落としている。それは何だろう?よく考えて欲しい。あなた方は、2人死なすよりは1人、そう考えた筈だ。お金や才能などより、人の命そのものに価値があるのだと。そうではありませんか?遠慮する事はない、正直な声を聞かせてくれ」

カイフンは両手を広げ、聴衆に語りかけた。彼の落ち着いたトーンは益々人々の関心を集め、注意を引きつける。

「何が問題か、それに気付かないあなた方に私が教えてあげよう。それは、あなた方はたった今、命の裁定をしたのだ」

その言葉を聞く少し前から、早瀬大佐が唇を噛みしめるのをブエノ報道官は気が付いていた。自分には分からないが、何かマズい方向に話が向かおうとしているのだろうか。表面上は落ち着いた表情で、ブエノ報道官はカイフンの発言に注意を払った。

「あなた方は痩せた2人には生きろと命じ、太った1人には死ねと命じた。それは何故だ?あなた方に、人に対して死ねと命じるだけのどんな権限があるのか。どんな根拠があってその1人は死なねばならなかったのか」

カイフンの言葉は段々と熱を帯びて行く。身振り手振りを交え、次第にその仕草も大きく激しくなって行った。
今この場は、カイフン主演の独演会と化していた。

「理由はどうあれ、あなた方は1人の人間に死を与えたのだ。何故だ?それは殺人ではないのか。
一体、どんな権利があってあなた方は人の死を決めたのか」

カイフンは熱い眼差しを聴衆に向ける。そして突如振り向き、コンラッド・ブエノを、早瀬未沙を、そしてブルーノ・J・グローバルを指差した。

「人に人の命を裁く権利などない。2人を助ける為にお前1人は死んでいい、そんな事を言う権限など、あなた方には無いのだ。誰が生き、誰が死ぬか。それを決めた瞬間から、あなた方は倫理的犯罪者になったのだ」

政府側は沈黙している。カイフンは、それらの面々を冷たく、そして熱く睨みつけていた。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カイフン

おっ!  役者が登場しましたね。
アジテーターのお役ごめんですな。
政府側はどう反撃するのかワクワク・ドキドキ楽しみです。

Re: カイフン

まさに面目躍如ですね〜。
カイフン頑張ってます。

> おっ!  役者が登場しましたね。
> アジテーターのお役ごめんですな。
> 政府側はどう反撃するのかワクワク・ドキドキ楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

やっぱり読んでる方の大半はストーリーを追ってるだけですよね( ´∀`)

たまにこうしてドラマについての感想を頂くと嬉しいです(∩´∀`)∩

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カテゴリ
プロフィール

びえり 

Author:びえり 
iPhoneで書いているので「輝」と打てません

FC2の機能がよく分からないので、何か変だったら教えてください(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
くせっ毛の飛行機乗り
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR