「で、その上官と寝たの。今朝までね。タフで参ったわ」

「で、その上官と寝たの。今朝までね。タフで参ったわ」

リン・チーリンは、暴動事件以後、定期的なカウンセリングを受けていた。

3日に一度のペースで60分ほど、専門のカウンセラーと話をする時間を設けている。ホテルでの恐怖体験、集団でのレイプ未遂、そして初めての射殺経験。チーリンは表面上はいつも通り冷静だったが、時たま1人で叫びだしたくなる位のストレスを抱えていた。精神衛生管理の観点から軍医にカウンセリングを勧められ、昼食後など忙しい午前中の事務が終わった後にシティのカウンセリングホスピスへ通っている。

カウンセラーは軍医の紹介だった。30代半ばほどのまだ若い男性で、シティではそれなりに人気のあるカウンセラーらしい。軍が負担するとは言え、週に120ドルも払っているのだ。それなりの効果は期待したい。

「まさかこの人と、と思ったけれど、まあなっちゃったものは仕方ないから素直に認めるわ。自分を誤魔化しても仕方ないし」

「でも嫌ではないんでしょう?」

カウンセラーは少し楽しそうに親指を立て、人差し指でチーリンを指した。チーリンは薄い下唇に親指をあてて、少しだけ考えてから頷く。

「…ええ、凄く良かった。口惜しいけれど体の相性はいいみたい…うん、とても気持ち良かったと思う。普通じゃないくらい」

「オーガズムは感じた?」

「感じた。それも何度か…でもちょっとタフ過ぎて私がもたないわ」

「その辺は少し落ち着くといいですね」

いやらしさのない笑いを含んで、カウンセラーは白い歯を見せる。チーリンは自分の両手を見た。

「問題は倫理観なのよ。なんでこの人とって違和感が拭えないの。彼を殺したかも知れない人に」

「その、行方不明の恋人に悪い?」

「ええ、彼をまだ愛してる自分がいるの」

チーリンはちょっとだけ弱気な顔を見せる。カウンセラーは真面目な表情になって頷く。

「初めての人は誰にとっても特別だから。それは不思議な事じゃないと思うよ」

「でも愛してる男とは違う人に抱かれても幸せを感じるの、これって変じゃない?」

「そうかな、だって本当に嫌なら、あなたなら断固拒否しているでしょう?」

「うん、まあそうだけれど」

「その人の事、好き?」

聞かれて、チーリンは突然その細い目を目一杯見開いた。まるで初めてその事に気が付いたかの様に、衝撃を受けた顔をしている。

「…多分好き」

「じゃあ、あなたはそろそろ新しい一歩を踏み出す時に来ているのかもしれないよ」

「…怖いわ」

「その人を、好きになるのが?」

「ううん…彼を忘れてしまうのが」

チーリンは表情を翳らせて視線を落とす。カウンセラーはチーリンに暖かなジンジャーティーを勧めた。
チーリンは両手でカップを持って少しずつ啜る。

「必要なら、あなたは忘れはしないよ。あなたの中に彼はずっと生き続ける。だって、今のあなたがあるのは彼のお陰だし、あなたの人生という時間の一部を彼は既に共有してしまっているんだよ。
そしてそれは、過去に遡ってやり直さない限りは永遠に変わらないんだ。
好むと、好まざるとに関わらずね」

優しげなカウンセラーの声を、チーリンはその細い目を閉じて聞いていた。閉じたまま、ポツリと呟く。

「…好きになってもいいのかな」

「いいさ、人は皆自由だ」

「ちょっと自信ないけれど」

「自分の恋愛に、自信満々な人なんて見た事ないよ」

「そうね…そうかもね」

「いまその人に会いたい?」

「ていうか、この後会うわ。仕事だけれど」

「じゃあ、もし仕事以外でその人に会ったら何をしたい?」

チーリンはゆっくり瞳を開いた。
開いても、やっぱり彼女の目はとても細かった。

「…飛行機にでも、乗せてもらおうかな」

ふふふ、とチーリンは笑った。
明るく、華やかに。想いを込めて。

「だってね、あの人、飛行機バカなのよ」




新統合軍広報部所属 リン・チーリン大尉
テロリストの襲撃を受けジュノーTV本社スタジオにて死亡
享年25才




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

(泣)

なんとも、、、これだけ長くストーリーに関わっていて、輝とこれからって時に、、、


純粋に悲しいですね。合掌

・・・辛れぇなぁ
人間誰だって 過去もあれば 後悔もあるさね 大切なのは、今を懸命に生きるって事だけけ なのに・・・

輝~! 女の心の隙間を埋めるのがうまい! 黒スーツを着れば アノ方に成れるのでは! 伊東四朗(ベンジャミン・伊東)さん が実写版主演した 喪黒福造

さしずめ女性達は・・・
ほぉーほっほっほ 心の隙間 お埋めします

Re: (泣)

そう言っていただけるとチーも浮かばれます。

チー長かったですね、このシリーズ始まってからのキャラでしたから。輝との掛け合いとか、書いてて凄く楽しかったです。
イキイキしてる感じが出せたのか、皆さんに気に入って頂けて感謝感謝です。本人も満足でしょう。


> なんとも、、、これだけ長くストーリーに関わっていて、輝とこれからって時に、、、
>
>
> 純粋に悲しいですね。合掌

Re: タイトルなし

辛いですねぇ>_<

それをどう乗り越えて進んで行けるか、で人の価値や未来が決まって行くんでしょうね。

喪黒さんは…どうなんすか( ̄∀ ̄;)


> ・・・辛れぇなぁ
> 人間誰だって 過去もあれば 後悔もあるさね 大切なのは、今を懸命に生きるって事だけけ なのに・・・
>
> 輝~! 女の心の隙間を埋めるのがうまい! 黒スーツを着れば アノ方に成れるのでは! 伊東四朗(ベンジャミン・伊東)さん が実写版主演した 喪黒福造
>
> さしずめ女性達は・・・
> ほぉーほっほっほ 心の隙間 お埋めします
カテゴリ
プロフィール

びえり 

Author:びえり 
iPhoneで書いているので「輝」と打てません

FC2の機能がよく分からないので、何か変だったら教えてください(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
くせっ毛の飛行機乗り
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR