Dark Necessities

彼女が転がり込んで来たのは
もうじき年も暮れようかと言う
12月の雪の夜だった

とても寒い夜で
吐く息は白くて
露出した肌が痛みさえ覚えるような
星の輝きも霞むアラスカの冬

彼女の藍色の髪に薄く雪が積もっていて
冷たく濡れた影を落としてる
寒そうに震える長いまつ毛を見ていたら
とても放ってなんか置けなかった

c952f511a2d8f82f783842fe202589a0.png

中に入ったら?…さあ

部屋へ招き入れようとした時
彼女の泣き顔が目に映った

c8988a1abeee71a311dba5223ba31305.png

静かに
ゆっくりと
彼女は僕の胸の中へと収まった
きっと長く外に居たんだろう
その細い体は痛々しいくらい冷え切っていて
僕は胸の奥に鋭い針が刺さった様な気持ちになる

一体どうしたの?ミンメイ…

問い掛けにも
彼女は応えない
ただ静かに泣くばかりだ

僕は彼女が好きだ
ずっと好きだった
二人でマクロスの閉鎖地区を
あてども無く歩き続けたあの頃から
夜の公園で
噴水をバックに写真を撮ったあの日から
ずっと恋い焦がれて来た

609495d57c3f63b13d04f818708134af.png

この子を守りたい
この手でこの子を救ってあげたい
そう思う気持ちは
いつも自然と心の底から溢れて来る

僕が好きなのは
着飾ったアイドルなんかじゃない
夢を夢見ていた
あの頃の小さな彼女その人なんだ


少しは暖かくなった?

コーヒーカップを手に
小さく頷く彼女

ええ…
なんだか
みんなイヤになっちゃった

窓辺から
外の雪を見ていた
その綺麗な横顔に翳りが差して
どうしてだろう
僕はとても切なくなる

52ddd0f0df8040b88b18be59981409f1.png

ちやほやされて
いい気になって
気付いてみたら私
なにか色んな物を落として来たみたい
これからどうしたら良いのか
分からなくなっちゃった

鼓膜を過ぎる
彼女の言葉
僕と彼女では
今や
境遇も違う
立場も違う
彼女が感じている寂しさを
全部理解してあげる事は僕には出来ない
けれど僕なりに
受け止めてあげる事は出来る筈だ

誰だって似たようなもんさ
みんな毎日
色んな物をポロポロ落としなが生活してるんだ

彼女が振り返る
僕は笑い掛けた

ミンメイにはまだ
歌があるだけ幸せさ

好きなだけじゃダメなの
もう歌は歌いたくないわ

項垂れる彼女
僕にとって
そんな彼女の反応はとてもショックなものだった
スターに憧れ
歌手を目指していた幼い少女が
複雑な大人の苦悩を口にする
それはもう
彼女が僕の知っていたあの頃とは違うという事を
僕の知らない間に
僕の知らない事を沢山経験して
僕が知らない大人の女になってしまったのだという事を
思い知らされた瞬間だった

2a19f41e6dd989572344964fc7a3df52.png

ミンメイ…

僕は密かに動揺していた

もう、歌わないわ
どうして
歌えないの
カイフンさんと、何かあったんだね

動揺のせいだろうか
それはきっと要らない言葉だった
意識しないだけで
少し当てつけもあったのかも知れない

僕よりも
あの男を選んだ君への
心の奥底に眠る
暗く浅ましい感情
認めたくないけれど
消せない傷あとが今でもあるんだと
密かに認識させられる

あの人のこと言うのやめて
あの人とは二度と会わないわ


だけど…

知り過ぎたのよ
お互いに顔を見るだけでもイライラするの

彼女の強い口調に
僕はとても驚いた
それは果たして
喜ぶべきなのか
悲しむべきなのか
それとも
ホラ見たことかと嘲笑えばいいのだろうか
瞳を伏せて唇を噛み締める今の彼女は
僕にはとても惨めに思えた

芸能界にも昔の友だちにも
私の気持ちを本気になって聞いてくれる人なんて誰もいないわ

彼女は弱ってる

私のこと考えてくれるのは…

彼女は
いま弱ってるんだ

ミンメイ…

だから
こんな事を言うんだろう
ただ弱っているだけで
誰かに寄りかかりたいだけで
本当は
本当の気持ちは

親身になってくれるのはあなただけよ
ねえ
ここにいちゃダメ?

えっ

ずっと居ると迷惑なのは分かってるわ
今夜だけ
帰るところがないの! 
お願い

お願いよ…

308181290bcd75c5640fd58202d7eb70.png

嬉しかった
必要とされてる事に
彼女が
僕を頼ってここへ来た事に

いま
この世の中で
この子を救えるのは僕一人
他の誰でもない
この僕一人なんだ

この子を守りたい
この手でこの子を救ってあげたい
そう思う気持ちは
いつも自然と心の底から溢れて来る

僕は彼女が好きだ
ずっと好きだった
二人でマクロスの閉鎖地区を
あてども無く歩き続けたあの頃から
夜の公園で
噴水をバックに写真を撮ったあの日から
ずっと恋い焦がれて来た
そう
ずっと

僕は構わないけど…

どちらにしたって
答えなんて一つしか無かった

ただ
責任を彼女に押し付けるようなカタチで
僕は念を押したんだ

良いの?
そんな事して

それはズルい問い掛けだったけれど
彼女は気にせずうんと頷いた



ずっと僕の心を占めていたあの人と
ほんのひと時でも
その身を寄せ合う事が出来た
なのにまるで現実味を感じない

これは幼い日々の恋の続きなのか
それとも
報われなかったあの想いへの
狡くて卑屈な仕返しなのか


61b1bae39c902e7ecf74e31b821ec018.png


いや
きっとそんな簡単に
この感情は割り切れたりなんかしない
きっと僕は
そう僕は
彼女と…





Dark Necessities 暗き宿運







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この辺りのお話は未沙目線でしか見たことがなかったから、なんか新鮮でした。お互い好きだっただろうし、けど、二人の人生の方向が違ってきているし、カイフンとミンメイは確かに恋人だったわけだし、けど大事だと思えたのは輝だし、輝もその事が正直うれしいし。

印象的だったのが、ミンメイに責任を押し付ける形になったってとこ。確かに狡いけど、弱さとかの、心の柔らかい部分のゆらぎなのかなと思うと良いとか悪いとかさ裁けないね。

ハッピーエンドにならないこの二人のお話・・・なんかイイね。

Re: No title

1部ですれ違いを演じてるくらいの頃はまだお互いの軌道に差が無かったんですけどね。
時間と共に二人は違い過ぎちゃいましたね。人生ってそういうもんなんだなって思います。好き嫌いの感情でも勝てない世の中の流れとか、タイミングとか。
そもそもミンメイは1部では輝ちゃん全否定ですからねwまあ「自分の気持ちに気づいてなかった」的なフォローがパーフェクトメモリーに書いてありますけれども…にしてもドイヒーwww16歳じゃそんなもんかw

人間の心を描く以上は、綺麗過ぎたり汚すぎたりしたらフェイク臭くなっちゃいますよね。やっぱり揺れ動いてこそ心情ってなもんで。特に男女はその方が自然に感じます。


> この辺りのお話は未沙目線でしか見たことがなかったから、なんか新鮮でした。お互い好きだっただろうし、けど、二人の人生の方向が違ってきているし、カイフンとミンメイは確かに恋人だったわけだし、けど大事だと思えたのは輝だし、輝もその事が正直うれしいし。
>
> 印象的だったのが、ミンメイに責任を押し付ける形になったってとこ。確かに狡いけど、弱さとかの、心の柔らかい部分のゆらぎなのかなと思うと良いとか悪いとかさ裁けないね。
>
> ハッピーエンドにならないこの二人のお話・・・なんかイイね。

キュンとモヤモヤ

は〜あ。なんでしょう。このXmasが近づくと、このシーンを思い出し、その時その時にキュンとなる切なさとモヤモヤ感が、また胸熱くするんですよね。
このSSは、ミンメイと輝に母性本能ダダ流れにして読ませてもらいました。
答えが出ない胸の想い。
月日が経つほど、答えに「鎧」と「言い訳」。「悲哀」と「 慕情」。
を重ねていくのでしょう…かねぇ。

Re: キュンとモヤモヤ

ふふふ、クリスマスと言えば聖子ちゃ…じゃない、マクロスですよね〜( ̄▽ ̄)
私、この辺のお話大好きです。輝ちゃんとミンメイの男女のやり取りがたまりません(*´∀`*)色々妄想しちゃいます〜

人ならみんな明るい感情と暗い感情を持ってる筈で、それって特に恋愛に関しては光と陰みたいに両方あって、どちらも複雑に絡み合うものだろうと思います。
そんな感じが、二部の2人にはピッタリなんですよね〜( ̄∀ ̄)


> は〜あ。なんでしょう。このXmasが近づくと、このシーンを思い出し、その時その時にキュンとなる切なさとモヤモヤ感が、また胸熱くするんですよね。
> このSSは、ミンメイと輝に母性本能ダダ流れにして読ませてもらいました。
> 答えが出ない胸の想い。
> 月日が経つほど、答えに「鎧」と「言い訳」。「悲哀」と「 慕情」。
> を重ねていくのでしょう…かねぇ。

No title

暗い宿運

おー、そう言う意味やったのですね

翻訳機能で調べたけど、なんかしっくりくる訳がなかったから、納得しました

Re: No title

意訳なんですけどね(゚∀゚)

翻訳機能って、どうしても直訳にしかならないから違うニュアンスになっちやいますよね。その辺の文脈は文化の差がモロに出るという。
まさにデカルチャー。


> 暗い宿運
>
> おー、そう言う意味やったのですね
>
> 翻訳機能で調べたけど、なんかしっくりくる訳がなかったから、納得しました
カテゴリ
プロフィール

びえり 

Author:びえり 
iPhoneで書いているので「輝」と打てません

FC2の機能がよく分からないので、何か変だったら教えてください(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
くせっ毛の飛行機乗り
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR