Song For Earth (2011)

Song For Earth
Song For Earth (2011)
Lynn Minmay



約2年振りとなる第4作。スタジオを離れ、戦後の荒廃した地球を巡業していた為にしばらく新譜の更新が無かった。
この時期のミンメイは仕事面でもプライベート面でも問題を抱えており、あまり良い環境にあったとは言えない。その為か声質にも疲れが見え、以前の様な伸びやかで若々しい感触を得られないのが残念だ。

周りを固めるメンバーも大分変化した。公私に渡るパートナーであったリン・カイフンがプロデュースを仕切り、彼の人選によって制作陣もキュレーションされている。
ミンメイの人気曲を多く輩出して来た阿佐&羽田コンビは提供が1曲に留まり、新たにボノやオノ・ヨーコら多くの活動家が参画。アルバムの方向性に政治的なメッセージを乗せる試みが為されている。
それはそれで特段構わないのだが、2年の間にアイドルを脱皮し過ぎてしまい、唐突に「大人になりました」と現れるリン・ミンメイには正直驚かされる。
こうした従来の路線を否定するかの様な変化が、ミンメイの人気凋落に一役買ったのは言うまでもないだろう。第一次黄金期が終わり、低迷期と言える雌伏の刻が到来した。

楽曲に関しては、作曲家もアレンジャーもそれぞれの仕事を手堅くこなしている。ミンメイのボーカルもニュアンスの難しい曲まで的確に歌いこなしていて見事だ。
にも関わらず、このアルバムにどこか漂う隙の無さ、敷居の高さは一体何なのだろう。カチリと型に嵌ってしまい、今まであったミンメイ独特の揺らぎや遊びが微塵も感じられない。
原因の一つに、脇を固める作家陣の顔ぶれがある。この時期のミンメイはカイフンの影響がとても強く、取り巻く環境もそれに伴ったものとなっている。その結果、本来は天真爛漫に跳ね回る様な彼女の音楽世界を、思想的なものに寄せ過ぎてしまったのではないだろうか。
アルバムタイトルにもなっているコンセプト「地球に捧げる歌」があまりにも大仰過ぎて息が詰まる。提供された楽曲の一つ一つがリン・ミンメイという個性を寄ってたかって殺してしまっているかの様だ。解雇されたマックス・マーティンがかつて切り開いたポップ・カルチャー。それに否定的だったカイフンによる趣味のアルバムと言っても過言ではない。

その中で唯一ストレートに心を捉えるのはやはり阿佐&羽田コンビによる「やさしさSAYONARA」だ。少女から大人の女性へとステップアップする過程で、危うい自分を歌い上げるミンメイの寂寥の情感は見事である。歌の表現が以前にはない深みを増した。
ワールドミュージック的なナンバーが居並ぶ中で、羽田が敢えてムード歌謡的な雰囲気作りにアレンジして来たのは、そうしたミンメイの「哀しい女」としての演出を狙ったのかも知れない。この辺はアルバムのコンセプトからは明らかに浮いているが、もしかしたら阿佐&羽田コンビによる静かな抵抗だったのだろうか。

大作だが、「ミンメイのアルバム」としては非常に難解な作品となってしまった。




テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

WINTER QUEEN (2010)

659953c8f5e318863e33c897c57cd666.png
WINTER QUEEN (2010)
Lynn Minmay



前作までのアイドル路線から、アーティスト路線へ移行する過渡期となった第3作。マクロス艦内において制作された最後のアルバムとなる。
プロデューサーのマックス・マーティンが意欲的に新たな試みに挑戦した本作であるが、マネージャーのリン・カイフンとの関係悪化に伴い彼はこのアルバムの完成と共にミンメイ陣営を去る事となった。
ここでも阿佐&羽田の黄金コンビは健在で、シングルカットされた「シルバームーン・レッドムーン」や「愛は流れる」は初期のミンメイを代表する大作となっている。
さらにケイト・スムリングスらニューエイジの旗手やクインシー・ジョーンズなどの大物アーティストが参画する事で、従来のイメージから一歩を踏み出そうという意図がはっきりと感じ取れる作品となった。

とはいえ、いくつかの感傷的で明快さを欠く収録曲が、この年頃の少女を表す歌として、あるいはミンメイのボーカルを生かしきる楽曲として必ずしも成功しているとは言い難い。
「愛は流れる」はメロディが暗く、後半の大仰な構成は重ったるく聞き辛い。Bパート以降は抜けが悪く、前作の「マイ・ビューティフル・プレイス」などに比べると後味の不味さが際立ってしまう。
ミンメイが初めて作詞作曲に挑戦した「シンデレラ」も、転調後のもったりとした展開がとても残念だ。成長期にあった彼女に対し、こうした楽曲を当て嵌めたのは失敗だったと思う。
その一方で、もう一つのシングル曲である「シルバームーン・レッドムーン」の存在はこのアルバム中の珠玉であると言って良い。
切なくても決してウェットにならない羽田のメロディ、抑制の効いたマックス・マーティンのアレンジと、これ以上はないくらい完成度の高いポップ・チューンに仕上がっている。

ここでのミンメイは確実に成長を遂げている。
本作に顕著なのは、もはや歌詞に意味など無くとも、その声だけで楽曲をドライブできる圧倒的なリン・ミンメイのボーカルの力である。声そのものの魅力と舌足らずな発音という、我々がリン・ミンメイと聞いて思い浮かべるボーカルは、本作で最初の完成を見たと言っていいだろう。
本作はアイドルではなくシンガーとしてのリン・ミンメイのデビュー・アルバムとなったのだ。




テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

Shao Pai Long (2009)

小白龍
Shao Pai Long (2009)
Lynn Minmay



前作からわずか2ヶ月という短期間でリリースされた第二弾。
アルバムの主な陣容は前作同様で、プロデューサーにMBSレーベルのマックス・マーティン、作詞 阿佐茜、作曲 羽田健太郎という顔ぶれ。
また本作から曲作りにケイト・スムリングスが参加している。
ミンメイの主演映画「小白龍(シャオパイロン)」のテーマソングとして作られた同名曲がアルバムタイトルとなった。

当然「小白龍」がこのアルバムのメインチューンとなっており、アップテンポでキャッチーなサビが印象的だ。東洋の雰囲気を感じさせるストリングスからベースとシンバルのリズムがスタートし、ミンメイの歌唱が駆け抜ける。とても爽快感を意識して作られた曲調で、後半に転調した後は伸びやかなミンメイのボーカルが生きて来る。

映画同様にヒットを記録したシングルだが、アルバムとしてのまとまりは煩雑で思わしくない。
彼女の冠ラジオのテーマ曲として書かれた「星のささやき」や、故郷への想いを歌った「マイ・ビューティフル・プレイス」など佳曲はあれど、「小白龍」のイメージが強すぎてアルバム全体のテーマを見失っている。
その結果、整合性のない、片付けられないおもちゃ箱の様なアルバムとなってしまった。理由としては、前作から間を置かずに制作された為に準備期間が足りなかった事があげられる。

こうした急造アルバムを救ったのは、新たにミンメイ陣営に加わった従兄のリン・カイフンのアレンジだったと言っていい。
特に「マイ・ビューティフル・プレイス」に導入されたバイオリンは秀逸なアイディアと言えるだろう。「星のささやき」の間奏パートも、曲全体に物語としての演出を組み込んだ素晴らしいアレンジだった。
リン・カイフンは今後も部分部分でアルバム制作に参加して行く事となる。プライベートはともかく、アーティストのリン・ミンメイを形成するにあたってとても重要な時期であったと言える。

ミンメイの声のコンディションは問題無いが、歌唱技術自体には大きな発展が見られない。
ただ、曲数をこなす事によって、少しずつ表現の幅は広がって来たと言って良い。アイドル・アルバムの枠は出ないが質は向上しつつある。そんな1枚だ。




テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

My boyfriend is a pilot (2009)

1f505707ae029444d737fec04c6ae067.png
My boyfriend is a pilot (2009)
Lynn Minmay



後に伝説となるリン・ミンメイの1stアルバム。戦時中のマクロス艦内という特殊な環境下において収録された。
作詞 阿佐茜、作曲 羽田健太郎の名コンビは本作よりスタートしており、ミンメイのシンデレラストーリーの前半期でもって主に活躍して行く事となる。

特筆すべきは表題作となったデビュー曲「私の彼はパイロット」である。第一次星間戦争を終結へと導くキッカケになった”奇跡の歌”としてあまりにも有名となったナンバーだ。
予感を秘めたピアノのイントロからストリングスへと繋がり、ミンメイの甘く澄んだ囁き声が期待感を煽って行く。その後に続くAパートでは張りのある若い声が初々しくも伸びやかで、今後のミンメイのシンガーとしての伸びしろを感じさせてくれる。Bパート、サビと繋いで、時たま顔を見せる少し拗ねた様な彼女の演技力がこの曲における最大の禁忌と言っていい。聞いている側に唐突に艶かしさを突き付けてくる彼女の歌声に、当時の多くのファンが魅了されたのも頷ける。

アイドル・ポップとして強烈な輝きを放つこのチューンが、後のリン・ミンメイの方向性を決定したと言っても過言ではない。
1,2番合わせてもわずか2分強という短い曲となったのは、当時のマクロス艦内における放送規制の影響であったと後に羽田が語っている。また、同様にシングルカットされた0-G Loveも同じく制約の元で作曲された事は疑いようがない。

第一次黄金期を築いた”ミンメイ”という個性を大胆に打ち出した佳作。アイドルのデビュー作としては大いに及第点であったと言えるだろう。




テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

実写版MACROSS キャスティング発表!!! (嘘)

さる1月半ば、超時空要塞マクロスの実写版キャスティングが発表された。ロイター共同によれば、製作者びえりは一切の苦情を受け付けないと表明しているという。
我々はいち早くこのキャスト陣を日本の皆様にお伝えしたい。



一条輝
一条輝





早瀬未沙
早瀬未沙





リン・ミンメイ
リン・ミンメイ





フォッカー
ロイ・フォッカー





マックス
マクシミリアン・ジーナス





ミリア
ミリア・ファリーナ・ジーナス





グローバル
ブルーノ・J・グローバル





クローディア
クローディア・ラサール





早瀬アキラ
早瀬アキラ





リン・チーリン (2)
リン・チーリン





チェーホフ
ニカ・チェーホフ





エミ
エミ





コートニー・ソーンスミス
コートニー・ソーンスミス





ベルナーシェク
ベドジフ・ベルナーシェク





チャイチュア
アム=パチャラパー・チャイチュア





ブエノ
コンラッド・ブエノ報道官





スタイナー
アドルフ・スタイナー部長刑事





コスタ
ディエゴ・コスタ航宙士長





ベケット
ビル・ベケット警備部長





ズザーナ・ライト
ズザーナ・ライト





ミラ
ミランダ・ズヴォニーチェコヴァ





900.jpg
ボーリゾン・ボギンスカヤ





一部ウケ狙いも見受けられるが、現地では概ね良好な感触だと言う。なお、繰り返し述べておくが製作者びえりは一切の苦情を受け付けないと表明している。まあせいぜい夜道には気を付けてもらいたいものである。

現場からは以上です。




テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

カテゴリ
プロフィール

びえり 

Author:びえり 
iPhoneで書いているので「輝」と打てません

FC2の機能がよく分からないので、何か変だったら教えてください(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
くせっ毛の飛行機乗り
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR